05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須高原にお越しの際は、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンをご用意ください。


ランキングアップにご協力下さい。

人気ブログランキングへ

トラッド倶楽部のサイトへ。


Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

蔵の街 

01 栃木駅
前から、行きたいなと思っていた栃木市の蔵の街へ行ってきました。
iPhoneのカーナビで出かけたら、東武日光線の南口へ誘導されてしまいました。
観光案内所でパンフレットをもらい、車を第3駐車場において歩くことにしました。

02 荒物店
しばらく歩くと、編みカゴなどを売っている店があった。
カミさんが「安いわねえ」などと言っていたが結局買わなかった。

03 甘味処04 みそcafe

05 巴波川
巴波川舟行に乗りたいと巴波(うずま)川に到着するとものすごい数の鯉のぼりです。
何でも、700mに渡り1000匹の鯉のぼりがあるそうです。
船頭さんが「船からやる、一袋100円の鯉のエサの売り上げで買ったんだ」という。


05_1 乗船券表06 巴波川舟行07 巴波川舟行207_1 栃木河岸船頭歌
遊覧船一日乗車券をを購入。
大人:500円、子供:300円です。
一日何回でも乗れるんです。
子供連れの家族などは何回も乗って鯉のエサやりをするそうです。
鯉のエサやりを含めて20分ほどの行程です。
したがって距離は短いです。
最後に、船頭さんが“栃木河岸船頭唄”を唄い船頭と乗船客で、ハーアー ヨイショーコラサと合いの手を入れます。
先導と乗船客とで4人でしたが、盛り上がり、思わず拍手をしてしまいました。
船頭さんの写真も撮ったのですが、ピンボケになってしまいました。

08 木材回漕問屋
この長い建物、長さは120mもあるそうです。
江戸末期創業の木材廻船問屋、長い黒板塀の中に軒を並べる8つの蔵。江戸末期創業の木材回漕問屋で、現在は12・13代柿右衛門焼や、象牙などを展示しているそうです。

09 NHK取材
NHKが巴波川舟行の取材に来ていました。

10 蔵
お昼を食べに向かいます。

11 蕎麦くろみや12 天ぷらもりそば
船頭さんに教えてもらった石臼挽き蕎麦“くろみや”です。
天ぷら盛りそばを注文しました。
良心的な価格で1,150円でした。
一つは、大盛り(+200円)を注文しました。
出てきたら盛りのすごいこと、普通の一枚でも結構ボリュームがあります。
サラリーマンがほとんどで、ひっきりなしに出入りしています。
人気店なのですね。

13 交番
交番もこんなです。

14 

15 油伝味噌
油伝味噌に到着すると定休日でした。残念、火曜日は定休日なので注意して下さい。
創業天明年間の味噌屋です。
建物は明治時代の土蔵他5棟が国の登録有形文化財の指定を受けており、その店舗の一角で味噌田楽店を併設しています。

16 岡田記念館17 床屋
岡田家は550年以上の歴史を持つ旧家で、江戸時代には畠山氏の陣屋となっていました。
4,000坪にも及ぶ広大な敷地に残る土蔵には岡田家伝来の宝物が展示されています。
右の画像は90年前の床屋です。テナントとして貸したそうです。
近くには、22代当主の別荘である扇島があります。
建材がすごい豪華で廊下などは、ケヤキの一枚板です。
この他にも戸棚等すべてにすごく手がかけられた建物です。

7時に家を出て、16時半に帰宅。
良く歩いたなあ。楽しい一日でした。

那須へお越しの際のコースの一部に考えても良いかなと思います。





スポンサーサイト

那須高原にお越しの際は、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンをご用意ください。


ランキングアップにご協力下さい。

人気ブログランキングへ

トラッド倶楽部のサイトへ。


Posted on 2014/03/25 Tue. 23:59 [edit]

category: 旅行

tag: 蔵の街  巴波川  巴波川舟行  石臼挽きくろみや  油伝味噌  岡田記念館 
TB: --    CM: 0

25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。