07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

袋田の滝と月待ちの滝 

01_土産物店街02_料金所
茨城県の大子町にある袋田の滝の紅葉がきれいだと聞き、出かけてきました。トラッド倶楽部から約一時間半のところです。
着いてみると紅葉の方は、ほとんど終わりでした。
土産物店街を抜けて料金所へ。
20年以上前の記憶と雰囲気が全然違うんです。こんなに店があったっけ?
大人一人300円を支払い、トンネルを進みます。こんなトンネル歩いたっけ? でも、32年前に完成しているから歩いてるんですねえ。二人とも記憶がハッキリしないのです。 歳のせい?

03_トンネル04_滝
トンネルを進むと第一観瀑台へ。
ここからの滝は今ひとつ。

05_滝06_エレベータ
第二観瀑台からはさすがに日本三名瀑。幅七十三メートル、高さ百二十メートル、四段に落下することから別名四段の滝とも呼ばれるそうです。
上では2本くらいの滝が四段目で見事に広がって岩の上を滑り降りています。すばらしい!
失礼しました。 前のイメージがそれほどではなかったので。
エレベータに乗って第三観瀑台へ。

07_滝08_土産物店街
これはただ上の方が見えるだけのような気がします。

さあて、昼食です。

09_双葉10_食事
散々迷ったあげく双葉さんに決めました。
店内はぎっしりとテーブルが並べられ、人が後ろを通るとよけなければならないほどで、ちょっと落ち着かない。
食事が終わって「写真を撮ってない!」のでカミさんが食べたもののお品書きを撮りました。

11_塩焼き
各土産物店の店先では鮎や団子等の炭火焼きが売られています。

12_月待ち13_月待ち
今回は、初めての「月待ちの滝」を訪れてみました。
この辺は紅葉真っ盛りなんですね。

14_月待ち15_月待ち16_月待ち
久慈川の支流・大生瀬川にある落差約15m、幅約10mの滝です。古来から安産の神・二十三夜尊の信仰の地とされ、滝の内側で二十三夜の月を待って安産祈願をしたことから「月待」という名になったと言われているそうです。
こちらの滝は、静の感じの優しい滝です。
左::滝の裏から撮ったもの。日本一やさしい裏見の滝と看板に書いてありましたが、滝の裏側が大きくえぐれてい て簡単に裏側に入れます。
中:外から撮ったもの。
右:河原に出るとビックリしました。溶岩のような黒いカチカチの固まりが約50メートルくらい続くのです。
  水の力で少しずつ少しずつ削って細い川になっています。水の力ってスゴイ!

カミさんと旅行気分で半日ほど過ごしてきました。楽しかったです。

那須高原にお越しの際は、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンをご用意ください。


ランキングアップにご協力下さい。

人気ブログランキングへ

トラッド倶楽部のサイトへ。


Posted on 2011/11/27 Sun. 23:59 [edit]

category: 生 活

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form